オススメ4つのメニュー

https://s-r-club.com

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

大学生カップル強制家畜奴隷 悲話(SM小説)

大学生カップルの悲劇 強制家畜つがい調教⑩

こちらは 大学生カップルの悲劇 強制家畜つがい調教⑨の続きです。
未読の方はそちらからお読みください。

「そういえば莉子ちゃんて陸上やってるんでしょ?」

「は、はい…」

「ユニフォームとかあるでしょ。それに着替えておいでよ」

「え…なんで……」

「なんで?私が見てみたいからだけど。ほかに理由必要?」

そう言いながら横目で理名は五条を見た。

莉子はそれがあの大男に対する理名の指令の前触れだと気づく。
また、自分のせいで悠斗が恐ろしい目に合うかもしれない。

応えるしか道はなかった。

「いえ、、着替えます……」

「グズグズしてると、この場で着替えさせるけど」

「えー。この場で着替えないんです?見たいな、俺は」

「やへろお!!」

悠斗はボールギャグをはめながら必死に抵抗をしたが、理名たちはまったく聞こえていない様子だった。
莉子はその場で着替えろと理名たちが言い出しそうな気配を感じ、気が変わらないうちにそそくさとユニフォームを引き出しから取り出してバスルームに向おうとする。

「ねえ。わかってると思うけど、下着の代わりにユニフォームだからね」

「え…」

「ユニフォームってインナーショーツっていうの?スポーツ用の可愛さの欠片もないダサいパンツと、胸が揺れないブラとかあるでしょ。それもちゃんと着用してね」

「ぅ…はい…」

莉子は部活を通常時はジャージとTシャツで行っていた。
大会でもないとユニフォームは着用しない。

ユニフォームの機能性は高いことはわかっていたが、莉子はこのユニフォーム姿になることをいつも恥ずかしいと思っていた。
男性から好奇の目で見られることもわかっていたし、お腹が出ていることで身体のラインが明確になり、ビキニを着ているような恥ずかしさがあった。

莉子はその恥ずかしさも自分がより早く走ることで、見ている者にはブレて見えると信じて大会の時はより一層力を入れていた。

そのユニフォーム姿を間近で知らない男や、大好きな悠斗に見られる。
そう考えると恥ずかしさに襲われたが、逆に言えば下着の上にもう一枚の布を羽織れる。

そうポジティブに無理やり考えて、莉子はユニフォームに着替えた。

 

「着替えました…」

「あら。可愛いじゃない」

「おお。これはこれでたまらんな」

「……」

「じゃあ、後頭部で手を組んで。片足あげてみて?」

「え…」

「はやく」

「はい…」

「足は右足をあげられるところまで頑張ってあげてね。新体操の選手みたいに」

間近でユニフォーム姿を見られるだけでも恥ずかしいのに、手を頭の後ろで組み片足を上げ、情けないポーズを取らされる。

莉子は再び顔が紅潮した。


「キレイに脇は剃ってるんだな」

「ねー。なんかすこしテカってて汗臭そうではあるけれど笑」

二人の会話が自らの脇に集中したことで、莉子は組んでいた腕を折り曲げてなるべく脇を見せないようにする。

「ほら。勝手に閉じていいって誰が言ったの?」

「うぅ…すいません…」

「じゃあ、その恰好でさっきの続きね。悠斗君は莉子ちゃんを想ってせんずりしたことはあるの?」

質問の矛先が悠斗に向いたことで、莉子は一瞬安心したが、その内容と質問の仕方の下品さを理解して恥ずかしくてたまらなかった。

「外してやりますか。口のやつ」
「そうね…」

五条がボールギャグを外すと同時に悠斗が堰を切ったように口にする。

「お、おまえたち…こんなことして…どうなるかわかって...」

バチバチバチッ!!

理名がスタンガンのスイッチを押して、片足を上げている莉子に近づいた。

「や!!やめろって!!!や!!やめて!!」

「あら?逆らうのか従うのかどっち?」

「汚いぞ…」

「ねえ?脇って皮膚が薄いからこんなところに電気流れたら超痛いよ?笑」

「ひい……やめてええ!」

「しかもちょっとさっきから湿ってるし笑笑」

「ううぅ…やめて…」

「わかった……やめてくれ、、ください…莉子に手を出さないで…」

ボールギャグが外れたことで”話せる”という自由を手に入れた悠斗だったが、手足は拘束され状況は何も変わっていなかった。

莉子は人質に捕らわれ、話せるようになったことでこの状況の悪化は自分の口にかかっていることを悟った。

「早く答えなさい」

語気を強く理名が言う。

「ネタにしたことは……あります…」

「ねえ。さっきの莉子ちゃんの答え聞いてなかったの?莉子ちゃんみたいな可愛い子がまんずりネタって言ったのに、あなたは?」

「ぐ……せんずりネタに……してました…」

「わははははwまんずりとせんずりでも、両想いだな。お前らw」

「ぅぅ」

「ぃぃぃ、、うぅぅゔ」

五条のこの言葉は二人のプライドを崩すのに十分影響を及ぼした。

そして理名はついに、屈辱の命令を下す。

続きはコチラ
大学生カップルの悲劇 強制家畜つがい調教⑪


この記事を気に入った方はよろしければ、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。
新着記事や奴隷契約書の更新などを今後告知して行く予定です。 どうぞ、よろしくお願いします。

Srclub管理人 理名:@srclub2021


広告枠です

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

管理人理名

性癖の追及、妄想の具現化のために創った趣味サイト。だから内容は超エグくしちゃう。よろしければTwitterフォローお願いします。フォロー様への特典・専用告知も!? ツイッター:@srclub2021

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-大学生カップル強制家畜奴隷, 悲話(SM小説)
-, , , ,