オススメ4つのメニュー

https://s-r-club.com

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

同棲カップル 強制寝取られ晒し調教 悲話(SM小説)

同棲カップル 強制寝取られ晒し調教❿

このお話は下記の続きです。
未読の方は先のこちらをお読みください。

同棲カップル 強制寝取られ晒し調教❾


「あ゙あ゙あ゙!!お、女の子パンツ、、、が大好きです、、、に、29回目...。30回でいいですかあ......」

「全然ダメ。願望とか妄想とかなら、もっと変態に言え。変態ですとか、パンツのくっせーシミをベロベロ舐めたいとかな」

「ああああ!!は、はいぃい!!女の子のパンツのお、おまんこのシミが大好きな変態ですうう!!!30回、、、!」

「へーwおし、いまのは31でいいぞw。ただし、次からもっと大声で言えよ」

そこからはもうまるで鬼コーチとアスリートの様に、順一はひたすら変態願望や変態行為を告白する野獣となる。

「彼女のパンツを嗅いだことありますうう!!!お風呂入ってるときにこっそり嗅ぎましたあああああ!!!31ぃいい!!!」

「いまのは32でいいよ。どんな匂いだったんだよ」

「おしっこおお!!!すっぱくておしっこくさい!!!!いく!すんどめえええ!」

「34な」

「パンプスの足指の跡が大好きですう!!!嗅いだこともありますうう!!酸っぱいけど興奮しましたあああ!」
「スニーカーもかぎましたああ!!!饐えた(すえた)匂いぃい!!!いぐう!!」
「彼女の汗かいたTシャツかぎましたあああ!!!汗のにおいで興奮したああ!!いく!」

 

「おいw彼女じゃなくてすずだろ?w」

唐突に呼ばれた自分の彼女の本名に、順一はなぜ里緒が名前を知っているのか疑問に思ったが。
だが、すでにスマートフォンを奪われて中身を見られていればすずとのラインのやり取りなども見られていることは想像に容易かった。
そんなことよりも、今は絶え間なく訪れる射精欲と、寸止めノルマをこなすことしか考えることができない。


「ああああ!!すずの家のお風呂の排水溝を空けて、、、ま、、まん毛があるか確認しましたあああああ!!!!いくうう!!!」

「すずが寝ている時にショートパンツの隙間から見えてるピンクのパンツ写真に撮ってトイレでオナニーしたへんたいですうう!!」
「女の子の水着を着た後に嗅いでみたいへんたいですうう!!」
「お、おしっこ飲んでみたいぃ!!!変態だからああ!いぐゔう!!!」

 

変態願望と、自らの冒した罪。順一はそれを次々に告白した。
里緒はこの時ばかりは、椅子の背もたれを抱えて順一の方を向きケタケタと笑いながらバカにし続ける。
度重なる寸止めや、媚薬の影響で順一の興奮は頂点に達してはいたが、告白を始めてからの方が2倍のスピードで順一は自分のペニスをしごいていた。

罪悪感や背徳感。
秘密の共有。

これらの危険な毒が全身を蝕むと、二度とまともに戻れないことを里緒だけがこの時は知っていた。

「ああああ!!す、すずのオマンコの写真ほしい!」
「すずがオシッコしてるの目の前で見てみたい変態ですうう!!い、いぐう!!98いいい!!」

「ホントはもっと汚れたすずのパンツを見たり嗅いだりした変態ですうう!!い、いくいく!!ひゃ、ひゃくうううう」


次回:同棲カップル 強制寝取られ晒し調教⓫

(Srclubのファンクラブ では先行公開中!)

 

ようやく”100回”を終えた順一に待っている奴隷ルール。
一瞬でも冷静になる順一を恐怖のどん底に落とす奴隷契約が始まる。

セクシャルリベンジクラブならではの特殊アイテムが登場…。

 

■以下は広告枠となります(外部サイト)

■他のカップル奴隷
大学生カップル強制家畜奴隷

■サイトのすべてが分かる
サイトマップ(まとめ)

■本作以外の小説も読んで見ませんか?
Hなイメージビデオあり
悲話(SM小説)

♡ファンクラブでご支援いただけませんか
「貢ぎS女彩編Ⅱの有料版」「オールスター小説」「美香の生い立ち」が読める!
Srclubのファンクラブ

■ライター各種Twitterはコチラ
ツイッターフォロワー限定企画も定期開催しています

理名(代表):@SRclub2021
ライター凛 :@rin_srclub
ライター里緒:@rio_srclub
小説キャラ莉子:@riko_srclub

総合窓口  :@Srclub_info

■有料版のセクシャルリベンジクラブは文章も内容も何倍も面白い!

有料記事について

 

 

 

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

S女 里緒

11月からセクシャルリベンジクラブ内で小説を書いています。アタマの中に3つくらいお花畑耕してるんで、よろしくw

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-同棲カップル 強制寝取られ晒し調教, 悲話(SM小説)
-, , ,