オススメ4つのメニュー

https://s-r-club.com

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

レズ調教 強気女上司唯衣 悲話(SM小説)

強気上司唯衣が、佳澄と美香の奴隷に堕ちるまで⑭

こちらは強気上司唯衣が、佳澄と美香の奴隷に堕ちるまで⑬の続きです。


「まず、これから毎日前の毛は剃ってツルツルを維持してね。おまんこの周りとお尻の周りはボーボージャングルにしておいて」

「ゔ……はい…」

カタカタと全裸のままパソコンのソフトに唯衣は入力をする。

<前の部分の陰毛を剃り、それ以外は処理を行わない>

「おーい。なにその上品な書き方」

「ゔ……」

「【まん毛は前はツルツル。おまんこと肛門の周りはボーボージャングル。いつでも命令があればハブキおまんこは美香様・佳澄様にチェックしていただきます】って打て」

「う………ぐ……そんな……」

「早く」

「はい…」

背中を震わせてカタカタと打ちづらそうに打っている唯衣は、高さの合わない画面にできるだけ顔を近寄らせることで、見事にその後ろの私たちにあそこを丸見えにさせる。

「次はそうだね。下着はこんなオシャレな黒とかじゃなくて生理なりたての中学生とかが身に着けるような真っ白のスポブラとグンゼのパンツにしなよw」

「そ、、そんな……」

「それは恥ずかしすぎ笑 耐えられない笑」

「いいアイデアでしょw」

「うん。さすが笑」

「そ、そういうのは許してください……。い、いん、いえ…まん毛はやりますから…」

「早く打て。ダラダラしてるとブリーフとかおばあちゃんが履くようなでっかいベージュとかにするよ?」

「うっ!.....は...はい…」

<中学生用のスポーツブラと白のグンゼ下着上下にする>

「あの…これ」

「なに?」

「これ、毎日ですか…」

「そうだよ。2セット買ってね。3日履いたら交換。洗濯は手洗いねw」
「うわ笑 ひどい笑笑」

私はお腹を抱えて笑ってしまった。
美香の残酷さに憧れすら抱いてしまう。

「そ、そんな……」
「いやなら1セットで毎日同じにする?」

「い゙い゙イヤアアアア!」

カタカタと震えながらタイピングする唯衣。
脚だけでなく、全身が震えはじめた。

「佳澄はなんかある?」
「うーん、私は会社にはノーパンとかノーブラでくるみたいなのも考えたけど」

「うん。じゃあ、そこら辺は〔毎朝下着姿をうちらに写真で送って。今日の下着指示お願いします〕にしよ。たまに遊びでノーブラとか」
「おーいいね笑」

「う、う、ゔ……」

毎朝欠かさず自分の下着姿を同性とはいえ写真で送る。
これはかなり屈辱だ。

しかも3日目だったりしたら汚れも目立ってくる。
この上ない苦痛。

だが、唯衣は黙ってカタカタとそのルールを入力した。

 

「あ。下着で思い出した。先輩一番の勝負下着ってなに?」

 


本作を読まれて興奮した、続編が気になる方は
左下の☟「いいね❤」ボタンを押していただけると励みになります!

 

BL同人・ボーイズラブ・BLマンガのダウンロードなら「DLsite がるまに」

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

管理人理名

性癖の追及、妄想の具現化のために創った趣味サイト。だから内容は超エグくしちゃう。よろしければTwitterフォローお願いします。フォロー様への特典・専用告知も!? ツイッター:@srclub2021

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-レズ調教 強気女上司唯衣, 悲話(SM小説)
-, , ,