オススメ4つのメニュー

https://s-r-club.com

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

レズ調教 強気女上司唯衣 悲話(SM小説)

強気上司唯衣が、佳澄と美香の奴隷に堕ちるまで⑩

 

こちらは強気上司唯衣が、佳澄と美香の奴隷に堕ちるまで⑨の続きです。

「ゔゔ、うぅ」

股間に右手を当てて、左手で胸を優しく揉み始めた唯衣。
顔は真っ赤に染め上がり、目は生気を失ったようにトロンとしている。

「おいおいwちょっともう感じてんの?w」
「うわあ。私、初めて女の子のオナニーみたよ笑」

「あ゙あ゙あ゙…」

「ほら。もっとちゃんと激しく動かせ。まん筋くっきり見えてんぞw」
「あ゙あ゙。い゙やあ゙あ゙!!言わないでえ゙え゙」

唯衣は恥ずかしさで意識が朦朧としているようだった。

「あ゙あ゙あ゙あ゙!!」

「なんかおまんこ濡れてきてない?w超ウケんだけどw」
「ちょっと光ってるね笑」

「もう…許してください……おねがい゙い゙い゙」

唯衣の訴えを無視するように、美香は唯衣の方向にスマホを向ける。
そのカメラの横に付いている小さな電球には、録画を示す赤い光が灯っている。

「やめでえ゙ええ!撮らないでえ!!」

数々の羞恥と辱めによって、ズタズタにプライドが引き裂かれてもカメラを向けられると顔を背ける唯衣。
人間の本能なのか、大事な乳首や性器ではなく顔を隠すのだ。

「こっち向けよ。うちらが良いって言うまで止めさせねえから」

「あ゙あ゙あ゙ごめんなさい。ごめんなさい。」

やがて唯衣が弄る股間から小さくクチュクチュと音が聞こえる。
女性の性(さが)だろうか。
こんな状況なのに、唯衣は感じているように見えた。

「なんか音してるんだけどw恥ずかしくないの?w」

「恥ずかしい゙い゙い゙。恥ずかしい゙です……あ゙あ゙」

震えながらも彼女の手は一定のリズムで、そのクリトリスを刺激し続けている。

「気持ちいいですか?唯衣さん笑」

「ゔゔ気持ちいいです……」

「どこが気持ちいいんだよ。はっきり言いな」

「あ゙あ゙!くり、、クリトリスがああ!ぎもぢい゙い゙!!ち、ちくびもおお゙お゙」

「淫乱なおまんこ濡れてきてんぞw」


「あ゙あ゙」

「どんな風にカットしたおまんこか言いなー」

「あ゙あ゙あ゙!!前は……っ、パイパンで、、、おまんこの周りはもじゃもじゃのお゙お゙あ゙あ゙あ゙!!だめえ!いぐ!!!」

意外なことにこんな恥ずかしいことを言わされているのに唯衣は達しそうになってしまう。

「イッちゃうの?笑。恥ずかしすぎですね笑笑」

「い!い!ぐ!」

 

「はい。やめて」

 

唐突に美香が動かす唯衣の手を制止した。

「あ゙ーーーあ゙ーー」

唸るような声を上げて、唯衣はテーブルの上に座り込む。

私たちの前でオナニーを公開して、達しそうになるだけでも気が狂うほど恥ずかしいだろうけど、達する寸前に制止されたことがより惨めに見えた。

どうせならそのまま絶頂を迎えてしまい、バカになりきりたい。
私だったらそう思ってしまう。

だけど、美香の鬼畜っぷりは終わらなかった。


「はいはい。じゃあ体制変えて、今度はうちらに見えように大股開いて座りながらやれよ」

「あ゙あ゙あ゙あ゙美香様もうゆるしてくださいい!!!!!」

唯衣の目から涙が溢れて零れた。
もちろん、アソコからは大量にあの汁が出ていた。

つづきはコチラ
強気上司唯衣が、佳澄と美香の奴隷に堕ちるまで⑪


作者は本作の続編を執筆中ではありますが、サイトに訪れていただいた皆様の反響で公開を判断します。
本作を読まれて続編が気になる方は、「いいね❤」ボタンを押していただけると助かります...

 

 

広告枠

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

管理人理名

性癖の追及、妄想の具現化のために創った趣味サイト。だから内容は超エグくしちゃう。よろしければTwitterフォローお願いします。フォロー様への特典・専用告知も!? ツイッター:@srclub2021

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-レズ調教 強気女上司唯衣, 悲話(SM小説)
-, , ,