オススメ4つのメニュー

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

悲話(SM小説) 理名の壮絶な過去【漆黒の三日間】

理名の壮絶な過去。漆黒の三日間⑤

この記事は以下の続きです。未読の方は先にこっちを読んでね。

理名の壮絶な過去。漆黒の三日間 ④


中国拳法の有段者である里緒の本気の正拳が女の一番敏感な箇所に突き刺さったことで、私は激痛に悶えた。
まるで内臓をハンマーで殴られた様な鈍い痛み。

足首も膝も拘束されている上、腰も首も拘束されているこの状態では痛みに身体を震わせることもできない。
運の悪いことにスカートを穿いているため、履いているパンストからは下着も露わになっているはずだ。

女として感じる羞恥心もまた、精神を攻撃する。

私はあまりの痛みと一瞬の羞恥心に囚われたために、脚を閉じる素振りをみせたことを後悔することになる。

「あらー?笑。理名さんも恥ずかしいとか思うんですか?」

「嘘だろw理名がこの程度で恥ずかしいとかw」

「普段自分が裸になったりしませんからねー笑」

「まあ、それもそうかw」

里緒はそう言うと私の履いていたパンストを両手で拡げて一気に切り裂く。

ビリビリと音を立て、破れるパンスト。
まるで心が引き裂かれるような擬音にも似ている。

「おー。今日はスケスケ水色のTバックかーw。相変わらず高そうな下着付けてんなー」

「まーそれも切断しちゃいますけどね笑」

「まー待てよ。いきなり切るんじゃなくてちょっとずつこいつが暴れると破れる仕様にしよーぜ?」

「ん?どういうことですか?笑」

「こーすんだよ」

里緒はシャキシャキと音を立て、それがハサミであることを目隠しをされている私に告げる。

そして、私の陰部を覆っている布地の部分に真横に切れ込みを入れた。

「ふふふ。あっはっは!なにこれ!これじゃ暴れると切れておまんこ丸出しになっちゃいますねー♡」

「その通りww面白い仕掛けだろw」

「じゃあ、あとは散々痛いことをしてあげて切れるように仕向けて屈辱を与えればいいんだ笑。さすが里緒先輩。拷問部隊に欲しいわー笑」

「ぎゃはははw」

「だから、アンタはいつまで経ってもエージェントになれないのよ。マイナスで責めることが全然できてない」

ようやく口の中に貯まっていたものを吐き出すことに成功した私は、自分の吐き出した異臭を感じながらアオイにモノ申す。

できるだけ低い声で。
それはまるでアオイの教育担当していた時と同じような言い方だった。

激高したアオイはすぐさま大きな声で怒鳴り出す。

「は!まだ言ってんの?殺すぞ、お前!!」

バコッ!!バコッ!!バコッ!!バコッ!!

「ぐっ!ああっ!!ううう!!!」

 

アオイは怒りに身を任せて、私の腹部を何度も肘を振り下ろす。
既に里緒に何度も打たれた腹部は、悲鳴をあげたがそれでも里緒のそれよりは痛くはなかった。

里緒は確実に私の食道が逆流するように仕向けてピンポイントな急所を狙い撃ちしたが、アオイは闇雲に攻撃を仕掛けるだけだ。
やはりアオイを煽り、怒らせ、アオイの単調な肉体への攻撃を繰り返させる方が今は得策だ。

「アオイー。そろそろ良いだろう。そんな勢いでやってたらお前が先にへばっちまうぞw」

「舐めないで下さい。私だって鍛えてるんですから」

「それでもそんなに殴って、ゲロを夜中に窒息でもさせてみろ?死なれたら情報聞き出せねーだろ?」

「まあ、それもそうですね」

やはり、里緒の方が何倍も厄介だ。
こいつはアオイを制止しながら「この拷問は夜中まで続く(今はまだ早朝のはず)」と言うことと、「最低でも明日以降も解放しないこと」を告げた。

そして「そんなにすぐに聞き出そうとせず、しばらくは苦しめることだけをする」ということも暗喩した。

「それより、マイナスとかプラスとかなんなの?アタシに何が足りないっていうのよ!」

「わははw聞きてえのか?w」

「一応?」

「ここに入社して数年経ってもそんなこともわからないなんて、呑気に拷問だけしてる連中はお気楽でいいわね。痛めつけるだけなら誰でもできるもんね」

「……っ!!てめー、覚悟しろ!」

アオイは声を荒げ激昂し、私のショーツに手をかける。

そしてさすがの私でも、そのアオイのセリフにはひっそりと背中に汗をかかずにはいられなかった。

 

「こいつのクリを焼いてやる」

 


■読んでいただいてありがとうございました。
続きが気になった方、面白かった方は下記「いいね♡」ボタンか、Twitterの告知ツイートのいいね・RTをお願い致します。

反響が大きければ、当面は無料公開と致します。
少ない場合は一定期間経過後に有料プラットホームに移設します。

このお話の続きはコチラ☟

理名の壮絶な過去。漆黒の三日間⑥


♡ファンクラブでご支援いただけませんか

理名と里緒が味方で大活躍!
「S女vs女奴隷 理不尽フットサル」
その他
「オールスター小説」「美香と佳澄のS対決 母と娘の同時支配(最新版)」が読める!


■サイトのすべてが分かる
サイトマップ(まとめ)

■本作以外の小説も読んで見ませんか?
Hなイメージビデオあり
悲話(SM小説)

■ライター各種Twitterはコチラ
ツイッターフォロワー限定企画も定期開催しています

理名(代表):@SRclub2021
ライター凛 :@rin_srclub
ライター里緒:@rio_srclub
小説キャラ莉子:@riko_srclub

総合窓口  :@Srclub_info

■小説のアンケート是非お願いします…
回答時間:2~5分
サイトアンケート (小説編)

■同人クリエイター様の方へ
無料で当サイトへの以下の様なバナー広告を掲載できます

詳しくはコチラ

■あなたの体験や妄想が小説化!?
妄想願望・体験談コンテスト開催中

 

 

■以下は広告枠となります(外部サイト)

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

管理人理名

性癖の追及、妄想の具現化のために創った趣味サイト。だから内容は超エグくしちゃう。よろしければTwitterフォローお願いします。フォロー様への特典・専用告知も!? ツイッター:@srclub2021

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-悲話(SM小説), 理名の壮絶な過去【漆黒の三日間】