オススメ4つのメニュー

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

番外編 プロローグ

1話終了じゃなかった(特別企画)説

この話は、以下の記事の続きです。

1話終了 SM小説

 

「……わ、わたしの、、恥ずかしいお、オマ×コに食い込んだボンテージ姿を、見てください…」

「たくさん見てやるから自分で両手でギリギリまで上に引っ張り上げて話せ」
「そうね。その椅子に立って。良く見えるようにやりなさい」

「はい……引っ張ります…」

「情けねー格好だなw」
「一気に何の威厳もないわね。こいつ」
「普段は威厳のある雰囲気漂わせてMどもに偉そーなこと言ってるくせに、もう感じてるんじゃねーか?w」
「そのボンテージ姿で、そのポーズ笑。一番屈辱的ね」

「ああう……い、痛い…」

「痛い?全然だめね。どこが痛いかも下品に言えないなんて」
「お仕置きにそのままそこで自分の突起弄りながら自己紹介しろ。突起ってなんのことだ?自分で言ってみろよ。”小説”風になwカッカッカwwwww」


「は、はい……り、理名の、、、め、、めすぶた理名の恥ずかしい突起は…く、く、、クリトリスです…」

「うわ笑 さっそく弄ってる笑。そんな風にS女の管理人さんとやらは触るんだね笑笑」

「おい、ちなみに美香って女当たりだったらクリトリスって言わせるか?ライターなら考えて作風に合わせろよw」

「そ、そんな…」

「文句あるのか?おい、ちょっとあれ持って来い」
「あはは笑 理名のためにわざわざ昨日買っておいたからね笑」

「あ、あう…それ……」

旦那様が持っていたのは、私が小説の中で手にしているようなスタンガンだった…。
私は自分が小説の中で莉子や奴隷にやらせているようなことをやらされるのだと、恐ろしくてたまらなかった。

「早く言え。美香ならなんて言わせる?」

「う、、そんな、、、」

「カウントダウンしてやるよ」
「5」
「4」

「ま、まって…そんなの言いたくないです……お許しください…」

「3」

「待って……待ってください…」

「2」

「1」

バチバチバチ

 

「ぎゃああああ!!!!!!!アアアアアア!!!痛いいいい!!!」

「ぎゃははははっはwwwww」

「なに?現実のアナタはそんなにのたうち回るの?笑」

「情けねーこいつw」

旦那様はいきなり電力を最大にして私の太ももにスタンガンを押し当てた。
激しい痛みが右足全体に伝わり、その場で倒れ込んでゴロゴロと回転するように痛みに悶えた私は、
すぐに奥様に髪の毛を鷲掴みにされて起き上がらされた。

「おい。もう一回だけカウントダウンしてやる。今度はお前がいつも脅してるみたいにマ×コに当ててやるからな」

「ひいいいいいい!!」

こんなに激痛のものをあそこに押し当てられたら気絶する。
絶対に失禁もする…。私は従うしかなかった。

「5」
「4」
「3」

「く!!くりちんぽ!!!くりちんぽ弄ってます!!」

「あははwwww天下の所長理名様がくりちんぽだってよww」
「ホント何の威厳もないわね笑」

「ああ……様付けなんてやめてくださいい!」

「それで?お前あんな変態な小説書いてて、書きながらマンズリしてるんじゃないのか?」

「う……」

「どうなんだ?またバチバチされてーのか?」

「………たまに、、しています…」

バチバチバチ

 

「ぎゃああああああああああ!!!!!いらい゙い゙!!!!」

今度は奥様が旦那様からスタンガンを受け取り、左脚の太ももに放電された。

「てめーなめてんのか。お前の書いてる小説の中の奴隷みたいに答えろって言ってんだよ!」

「こいつ全然反省してないわね。ボンテージ引ん剝ちゃいましょう」

 

「あああああ!!やめてええ!!全裸はやめて!!小説書いて興奮してくりちんぽでマンズリぶっこいてる淫乱女ですう!!」

私は早くも半狂乱になり、大声で宣言をする。

 

「ぎゃはははははwwwwおもしれーこいつw」

「あああ・・・」

「でも全部脱げ。唯衣みてーになw」

「いっ!!い゙やあああああ!!!」

「聞こえなかったの?早くなさい。今度は脚じゃないところに当てるわよ」

 

「あああ!!!ぼ、ボンテージを脱ぎますうう!!!理名のお、、お!おまん、、おまんこ!!ご!ご覧あれえええ!!」

「おい。ダブルピース」

 

「え・・・ええ・・・??」

 

「舌出して、白目向いてダブルピースしろ。がに股で」

 

「あああ、、、」

 

「うわー笑 ブスねぇー笑」
「ウケんなwブスすぎw」

「っていうか、こいつなんかマ×コから垂れてねえ?w」

「い!!いやああああああああああ!!!!!!」

旦那様は手に取ったスマホで私の一生分の生き恥姿を撮影した。

「おい、ダブルピースの指一本ずつ両方の鼻の穴に入れろ」

「い゙い゙、、、、そんな・・・」

「あっそ。じゃあ、この写真お前のアカウントの固定ツイートんとこにリプな」

「ひいいいいいい!!や、やりますう!!!」

「とっととやんなさいよ」

 

「ご、ごめんなさい!!」

 

「おい、メスブタ。鳴けよ」

 

「ひいあぁぁぁ、、、ぶひいいい!!!」

 

「お前はなんだ?」

 

「い、、いつもはセクシャルリベンジクラブ所長で、、、い、いまは・・・」

 

「今は?」

 

「今はただのメスブタ!!!メスブタです…」

 

「お前さー、ちなみに、何人もいるじゃん?小説の?キャラクターっての?」

「う、、はひぃ…」

「返事?ちゃんとしろよブタらしく。」

「うぐ、、、ぶひい…」

「あの中でリアルだったら一番虐められたくないやつって誰だ?」

「う・・・」

 

「や、、やっぱり・・・メイサか、、美香です・・ぶひ・・」

「へえ。それはなんで?」

「よ、容赦ないっていうか・・・精神的にズタボロにされそうなの・・されそうぶひ・・」

「なるほどなー。その二人が今のお前の姿見たら何をさせると思う?」

「ひいい・・・許して・・・」

 

「おい。質問に答えろ」

「ああ……やめてえええ!!!」

 

「こういう態度の子はメイサちゃんならこうじゃない?」
「メイサ、マンマンクラーッシュ!!!!」

 

 

「ぎゃあああああああ!!!!!!」

「いらいいい!!!いらいい!!!!」

 

「おーw上手いことヒールの先端が突き刺さったなwさすが元全日本空手準優勝w」
「情けないわね。両手で股間抑えて笑」

「芋虫みてーに転げまわりすぎだろw」

 

「いたいいいいいい!!!!ああ!!くりちんぽがああああ!!!」

 

「うわ笑 なんか靴先湿ってんだけど笑」

「おい、舐めとれよブタ」

 

「はひいいい・・・」

 

ぺちゃぺちゃと舐める音だけが部屋に響き渡る。
私はすでに痛みと辱めに鼻水を垂らして泣き始めた。

 

「おい、お前が本当はドマゾで自分の願望を小説に投影してるってツイートしろよ」

「あああ………それだけは、、それだけはお許しください・・・何でもしますから…」

「ダメだ。やれ」

 

「あああ!!終わっちゃう!!私の小説が、、私のサイトが、、アカウントが、、終わっちゃいますうう」

 

「あなたそれはかわいそうじゃない。いきなり終わらせてもつまんないし、この子みたいにじわじわとやろうよ。真綿で首を締めるみたいにさ」

「それもそうかwじゃあ、フォロワーが1000人行った記念とかいって、10名のやつらにまずは公表しろw」

「ひいいいい・・・」

自ら垂れ流したまん汁が付着した奥様のヒール先端を舐めながら、
私は絶望の中にいた。

同時に興奮の渦にいた。

「おいメスブタ、2000人の時も生き恥な、お前」

 

「イ!!イヤアアアアアアア!!!!!!」

 


 

次回予告:なし
次回掲載予定日:なし
有料販売:なし

なしなし!!絶対なし!!!

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

※この物語はフィクションです。事実は1%も入っていません。

 


書いていて非常に疲れました。

何はともあれ、フォロワー1000人本当にありがとうございました。
これからもセクシャルリベンジクラブをどうぞよろしくお願い致します。

作者:理名

※この記事はTwitterフォロワー1000人突破を記念して、一部の方に特別に公開したものとなります。

 


理名スーツ
今日のオススメ有料記事

貢がせS女は後悔させてあげる。 あなたがオトコに貢がせた100万。全部お前の身体と絶叫で稼げ。 全世界にその生き恥、公開してあげるからね♡



<好評発売中>
S女彩の最下層M転│RINa Live①~⑮

この有料版で楽しめるジャンル
激痛拷問/強制SEX/アナル責め/M男奉仕/レズ奉仕/M堕ち/レズ調教/匂い責め/寸止め/恥芸調教/強制廃人
強制パイズリ、クンニ/ペニバン調教

お願い♡
有料版はよりハード、更にエグイ♡平均4倍のボリューム♡

未読の方は1話だけでも読んでみてね
NOTE版 / BOOTH版

理名
上記のシリーズの無料版を見たい方はコチラ

貢ぎS女強制M転家畜奉仕

■サイトのすべてが分かる
サイトマップ(まとめ)

■本作以外の小説も読んで見ませんか?
Hなイメージビデオあり
悲話(SM小説)

♡ファンクラブでご支援いただけませんか
貢ぎS女彩編の有料版、オールスター小説が読める!
Srclubのファンクラブ


■ライター各種Twitterはコチラ
理名(代表):@SRclub2021
ライター凛 :@rin_srclub
ライター里緒:@rio_srclub
小説キャラ莉子:@riko_srclub

総合窓口  :@Srclub_info


■小説のアンケート是非お願いします…
回答時間:2~5分
第二段 サイトアンケート (小説編)

 


22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

管理人理名

性癖の追及、妄想の具現化のために創った趣味サイト。だから内容は超エグくしちゃう。よろしければTwitterフォローお願いします。フォロー様への特典・専用告知も!? ツイッター:@srclub2021

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-番外編 プロローグ
-