オススメ4つのメニュー

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

兄妹DM調教奴隷 精神拷問 悲話(SM小説)

兄妹奴隷の悲劇 柚月の崩落管理④

この記事は以下の続きです。未読の方は先にこっちを読んでね。
兄妹奴隷の悲劇 柚月の崩落管理③


「お待たせしました。すいません。電車が遅れちゃって。三井さんでしょうか」

「はじめまして。三井と申します。柚月ちゃんですね。コチラが名刺です」

「わっ!キレイな人でびっくりしましたっ」

「ふふ。ありがとうございます。場所を移しましょうか」

「あ!だったら西口にカフェがあるので」

「カフェですか。ですが、内容が内容なので、あんまり周囲のお客さんが近くないところがいいですね」

「たしかに…」

「カラオケでもいいですか。個室の方がなにかと…」

「はい、大丈夫です」


<カラオケルーム>

「すいません。アイスコーヒーとウーロン茶ください」

「すいません。頼んでもらってありがとうございます。」

「いいえ。ところで柚月ちゃんは彼氏はいるの?」

「いえ、先月に別れちゃいました。結構束縛の強い人で…」

「なるほど。それはイヤですね。でも可愛いからモテるでしょう?」

「そんなことないですよ…笑」

「もう、済ませてそうですね。」

「え……?」

「Hです」

「え。。」

「ごめんなさい。誉め言葉だったんですが」

「え、あ……、いや……。はい…」

「照れちゃって可愛いですね笑」

「う…」

「経験はしているけど、あんまり気持ち良くはなかった。もしくは、何回かやってみたけどいまいちだった。自分なりにイメージしている触ってほしい箇所や、触り方があるけれど、男の人が乱暴で痛いだけ。本当はもっとこうしてほしいっていうのがあるけれど恥ずかしくてそんなことはとても言えない。でも、痛いくらいなら言ってみた方がいいかなって考えたことはあるけど、そんなことを言ったら淫乱だと思われそうでとてもいえない。でも、本当はちゃんと伝えてお互いに気持ちがいい方が理想なんじゃないかと悩む。」

「え…」

「でも、やっぱり言えない。そうこう悩んでいる内に”する”こと自体が少し億劫になる。お金もないしホテルもいけない。家に呼びたくてもお兄さんもいる。相手の家に行けばお風呂を借りるわけにもいかないし、相手の親もいる。開放的にしたいけど、学生の自分にはそれは叶わない願いだ。だったら、Hなことは捨てていまはイチャイチャしてるだけでいいじゃないか。」

「……」

「でもオトコはやっぱり触りたがるし、見たがる。彼氏の事は好きだけど、彼氏は私と私の身体のどちらが好きなのかたまにわからなくなる。そう思っている内にSEXの気持ちよさも分からぬまま、今に至る。経験人数は途中までが1~2人。ちゃんとしたのは1人。でもその一人とのSEXも気持ちよくはなくて、3~4回してみたけれど恥ずかしさと痛さが、気持ちよさに勝ってしまった」

「………。」

「また、告白されたら付き合うかもしれないけれど、都度またSEXについて悩むのは億劫。だから恋愛はキライじゃないけど、自分から積極的に彼氏を作るような活動は当分いいかなっていまは思っている」

「す、すごいですね…」

「そお?女の子なんて誰でもが通る道なのでは?」

「は、はい…」

「お兄さんは経験あるんですかね?笑」

「し、知りませんけど…女っけなさそうだしなさそ……」

「童貞ですかね?笑」

「さ、さあ…。そ、そんなことより…今後のことを…」

「ああ、ごめんなさい。すっかり別の話を。」

「い、いえ…」

「単刀直入に言って、この借金。つまり相手への弁償額を返すことができなければ、あなたかお兄様が危ないです」

「え…そんなにやばい相手なんですか…」

「はい。お兄様ならきっと数年どこか非合法な労働を強いられるか、もしくはやばい仕事を請け負うことになります」

「そんな…」

「あなたなら、さっき話したようなあなたがあまり好きじゃないことを知らないオジサンや変態と強要させられるでしょうね。何十回も。その様子も撮影させられたり」

「う……」

「でも、仕方ないことでもあります。実際に相手の車を傷つけたのは事実ですし」

「な、なんとか分割とかで返せないでしょうか…月に5万くらいなら…」

「5万円なんて利息含めたら6年くらいかかりますよ」

「それでも頑張って返しますので…」

「皆さんそうおっしゃいますが、返済のスピードというのは本来相手が決めることです。返すほうが決めることではないですよね」

「た、たしかに……」

コンコン

「お待たせしました。アイスコーヒーとウーロン茶です」

「どうしましょうかね」


作者あとがき

ふふ♡簡単な子♡♡


お話を読んで続きが気になるor楽しかった・興奮したかは告知ツイートか☟の「いいね♡」を押してくれると嬉しいです!!

Twitterの個人アカウントもあります!よければフォローおねがい致します。
ライター凛:@rin_srclub

続きはコチラ:兄妹奴隷の悲劇 柚月の崩落管理⑤


現在Sexual Revenge Clubでは小説についてのアンケートを行っています(第2弾) 回答はサイトの継続や各小説の投稿頻度の参考に致します。
お時間ある方は5分程度お付き合いいただければ幸いです。 (個人情報の取得はありません)

第二段 サイトアンケート (小説編)


他の小説はコチラから 悲話(SM小説)
オールスター小説が読める!!ファンクラブはコチラ Srclubのファンクラブ
小説キャラが提案するSMグッズ一覧はコチラ SMグッズの独自紹介

他の小説も読んでみませんか?

「大学生カップル強制家畜奴隷」
田舎育ちで同高校だった莉子(19)と悠斗(18)。二人は別々の大学進んだものの共に上京していた。
悠斗は高校3年間スポーツも勉強も優で容姿端麗な莉子に恋をしていた。
上京して3か月を迎えたころ悠斗は莉子に告白を決意してデートに誘う。デート帰りの公園で別のカップルに絡まれ、莉子は悠斗の目の前で屈辱と羞恥の限りを強制される。初めて見る莉子の裸や下着。女のプライドが崩壊する莉子に悠斗は・・・

 

「大学生カップル強制家畜奴隷」
※小説へ飛ぶ

 

「大学生カップル強制家畜奴隷」
※小説へ飛ぶ

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

凛(S女)

21年10月よりライターとして合流しました。 射精管理や精神的な拷問が大好きです。ちょっと変わった今風な小説をお届けします。良かったらTwitterもフォローよろしくね。 @rin_srclub

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-兄妹DM調教奴隷 精神拷問, 悲話(SM小説)
-, , , , ,