オススメ4つのメニュー

https://s-r-club.com

美香と佳澄が巨乳母と、生意気貧乳JDを家畜に!

大学生カップル強制家畜奴隷 悲話(SM小説)

大学生カップルの悲劇 強制家畜つがい調教⑧

こちらは 大学生カップルの悲劇 強制家畜つがい調教⑦ の続きです。未読の方はそちらかお読みください。

「い、イヤアアア!!!!言わないで!!!」

理名が悠斗にした告白に、思わず莉子は大声で叫んだ。
自分が悠斗を想っていたことをあっけなく伝えられただけでも、莉子は泣き出したいほど恥ずかしかった。

それだけに留まらずオナニーをしている事実や、悠斗を想ってオナニーしていたこと、弄っていた場所までもあっさりと告白されて莉子は真っ赤に顔を歪めた。

「ほら。見てあげなよ。莉子ちゃんのかわいい下着。上下水色で揃えて今夜に備えていたみたい♡」

「ゔ、、ぐ」

チラリと一瞬莉子を見た悠斗だったが、莉子の立ち姿や表情からそれは強制されたものだとわかりすぐに目を逸らす。

「おい。ちゃんと見てやれ。」

五条が悠斗の首を強引に莉子の正面になるように回す。悠斗の首の筋力では抗うこともできずあっさりと向いてしまう。
たまらず、目をつぶる悠斗だが、五条は畳みかけるように言葉を発した。

「目つぶってんじゃねーよ。また眠らせられたいのか?おお?」

脅されてなんとか薄目を開けた悠斗だったが、憧れの莉子の下着姿にまともに目を向けることはできなかった。

「ふーん。そうやって抵抗するなら彼女にお仕置きしちゃおうかなー」

「イ、イヤ!電気はやめて!!」

「じゃあ、彼氏君にちゃんと私のかわいい下着見るようにおねだりしないとね」

「う、、、う…」

ためらう莉子だったが、あの激痛をまた食らわされたらと思うと恐怖が勝ってしまう。
今度は本当に股間に当てられるかもしれない。

「…悠斗君、私の……下着…見て……」

「ふごおおおお!!」

「ほら。ちゃんと見やすいように気を付けして立ちなよ」

「うぅ……はい……」

両手を脚の横にピタリと付けて立つ莉子。あまりの恥ずかしさに内股になってしまう。

「オラ。ちゃんとシャキッと立たんか」

「ひぃ…はい……」

小ぶりな胸の膨らみ、短パンの跡を残し小麦色に日焼けした脚。レースの付いたショーツ。
すべてが露わになり莉子は首をもたげてこの羞恥に耐えた。

だが莉子のあまりの恥ずかしがり方にたまらず悠斗は再び首を横にずらしてしまう。

 

「ぎゃあああああああ!!!!!!!!」

理名は悠斗が首を背けたことで、莉子の太ももに再びスタンガンを押し付けた。

たまらず莉子は再び滑るように床に倒れこみ、当てられた箇所を両手で抑えてもだえ苦しんだ。

 

「いいいい゙たいい!!いたい!!もうやめてええ!!!」

 

「ほら。悠斗君がいくじなしだから可愛い莉子ちゃんがこんなひどい目にあうのよ。次にまた目を逸らしたりしたら今度こそおまんこに当てちゃうからね。前におまんこに当てた女の子はおしっこ漏らしちゃってたねー笑」

 

「や、やめほろお(やめろ)わかっははら(わかったから)」


さすがにこれ以上抵抗したら本気で莉子がひどい目に遭わされると悟った悠斗は、必死にボールギャグの下で服従を訴えた。


「ほら、いつまで寝てるの」

促されてよろよろと立ち上がった莉子は、自ら気を付けの姿勢を保った。

 

続きはコチラ
大学生カップルの悲劇 強制家畜つがい調教⑨


作者は本作の続編を執筆中ではありますが、サイトに訪れていただいた皆様の反響で公開を判断します。
本作を読まれて続編が気になる方は、左下にあるハートマークの「いいね❤」ボタンを押していただけると大変うれしく思います。

この記事を気に入った方はよろしければ、Twitterをフォローしていただけると嬉しいです。 新着記事や奴隷契約書の更新などを今後告知して行く予定です。
どうぞ、よろしくお願いします。
Srclub管理人 理名:@srclub2021


広告枠デス

22年9月 大学生カップル奴隷Ⅲ 続編公開中
  • この記事を書いた人

管理人理名

性癖の追及、妄想の具現化のために創った趣味サイト。だから内容は超エグくしちゃう。よろしければTwitterフォローお願いします。フォロー様への特典・専用告知も!? ツイッター:@srclub2021

大人気コンテンツBEST5

1

最初に莉子のことを好きだと思ったのは、いつだったか悠斗は覚えていない。 高校の頃に初めて会ってから、悠斗はずっと莉子に憧れていた。 文武両道で、正義感が強くて、真面目で、おまけに美人。 悠斗は女子の前 ...

2

「ああ、もう散々よ、ほんと。佳澄、あんたのせいよ?大体あそこであんたが余計なこと言わなければ、絶対あの契約取れたんだから。新卒とはいえもう入社半年なんだし、少しは学びなさいよ。」 喧騒広がる夜の飲み屋 ...

3

「ちょろwww」 「彩?どした?いきなり」 「お。カエデかー。120分おつー。見てみてー」 「いやーなんかガンキ(顔面騎乗)してる時にめっちゃ舐めようとしてくるやつでホントウザかったわ。え?なにそれ。 ...

4

M男用奴隷契約書014(同棲奴隷編) ・毎朝私より早く起床し正座してしシコシコながら、待機すること ・貞操帯を装着。カギは私の3日分のおしっこをコップに入れて冷凍し、その中に沈める。 ・開錠許可が下り ...

5

(不定期随時更新中) ここではSMグッズや一般的なグッズをSexual Revenge Clubらしく、 よりハードにより残酷に使い方を独自視点でまとめていきます。 一般的な使い方も簡単に記入はします ...

-大学生カップル強制家畜奴隷, 悲話(SM小説)
-, , ,